スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン始動できず。

250ccの車輌の修理に取り掛かっています。
お客さんの話ではエンジンが始動できず、
セルモーターのまわし過ぎでバッテリーもあがってしまったとのこと。

まずはバッテリーを充電している間に、
スパークプラグのチェック。
セルを回し続けてエンジンがかからなかったわりには、ガソリンで湿ってはいません。

点検用の別のバッテリーを取り付け火花の飛び具合を確認。
きちんと飛んでいます。

次に燃料ポンプの作動チェック。
大丈夫です。

二次エアーの吸い込みが無いかチェック。
目視では確認ができず。
吸い込み音がしない為、とりあえず問題なしと判断。

シリンダーの圧縮測定。
規定値以内です。

キャブレターのジェット類のつまりを確認するために、
チャンバー室を取り外し、目視確認。
特に目詰まりをしていることも無く、エアーブローを行います。

念のため、フロートの油面やパイロットスクリューもチェック。
異常なし。

ここまで要した作業時間が約3時間。

頭の中をたくさんの思考がめぐり、煮詰まりかけた頃、
飼い猫が作業場を通りすぎていくのを見て、少しリラックス。

爆発に必要なものは、「混合気、圧縮、点火。」

修理に取り組む際の自分への戒めは、「先入観を捨てる、すぐに断定しない、確認作業の徹底。」

ありのままの状態を先入観を入れず、ありのままの形でどこまで自分の中にとりこめるか。
最初から一貫しているのは、火花は飛んでいるが爆発が行われていないこと。

圧縮の測定値は ”テスターでの測定上は正常値。”
          
混合気に関してはキャブレターのジェット類の確認だけで、スロットルバルブ、ニードル関係の
確認作業ができておらず、もう一度キャブレターを取り外しこの部分を目視確認をする。

1番から4番までのスロットルバルブのうち、3つのバルブのゴム部が裂けていました。
4番ジェットニードルの段数調整のクリップが外れています。

交換を要する部品も出てきた為、作業は一旦ストップになります。
お金がかかることに関してはすべてお客さんと相談してからにします。

ここまでに要した時間は、約4時間。

バルブを新しい物に交換したからといって、
必ずエンジンがかかるという保証はありません。
それでも常に判断を迫られる瞬間はやってきます。

修理を続けていくのか、やめてしまうのか。

明日も頑張ります。















スポンサーサイト

気持ち。

今日の昼過ぎに一人のお客様が訪ねてきてくれました。
この方とは先に勤めていた店で商談担当をさせていただいて
から10年余りのお付き合いになります。

パンプキンコーポレーションの店舗は何人ものお客さんが
それぞれ休みの度に訪ねてきてくださり、
つくっていただいたものです。

作業台、電灯、屋根はり、壁作り、窓枠…
本日来店していただいたお客様もその大勢の方のお一人です。

台風が近いために、雨対策の作業をしていた最中に
ご来店していただいたのですが、
手際の悪い私に代わり、いつの間にか作業を完了させていただき、
涼しい顔でタバコに火をつけられていました。

「人の為に何かをする」

簡単なようで難しく、難しいようで簡単で…。
その行為自体に何の見返りも求めてきません。

”これこれしてあげたのだから…”
代償の一つでも要求してきてもよさそうなものですが、
ただタバコを吸いながら、週末に予定している
ツーリングの話をするぐらいです。

初めて来店していただいたお客さんには、
お店を見ていただいた時に、その手作り感にいつもビックリされますが、
私にとってはいろんな方達の気持ちのこもった大切なものです。








仕事として。

一人で仕事を始めるようになってから、もうじき3ヵ月が過ぎようとしています。
自分の納得のいく仕事をしていきたいと常々考えていますが、
時に採算がとれる、とれない、のせめぎ合いで苦しむことも多々あります。
商売なので仕方ないといえばそれまでですが…。

例えば商談成立後の中古車の納車整備でのことです。
きちんと整備できた部分は良いのですが、部品交換が伴う箇所が伴う場合になると、
交換部品一つ一つにお金がかかるようになる為、
すぐに交換!ということにならないことがあります。

それは車輌の原価が上がった結果、利益が圧縮される心配もあれば、
そのことを伝えたばかりに、商談そのものが不成立になる心配もあるためです。
しかし一度気がついた箇所に対して知らないふりもできません。

「お客さんに伝えるべきか、それとも店負担で作業をすすめなければいけない可能性も在るため、
お客さんには伏せておくべきか?」

要領よくやればいいのですが、性格上それは無理なことは自分でも気づいています。
人と人の付き合いの中で一番大切なものを失くさないように、
これからも頑張って行きたいと思います。



イソギンチャク…

イソギンチャクとは?

”イソギンチャク(磯巾着)は、刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目に属する動物の総称である。柔らかい無脊椎動物で、口の回りに毒のある触手を持つ。”

*出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 参照

は食すると美味らしいことを、お客の○賀さんから教えてもらいました。
九州の柳川地方では別に不思議ではないとのことらしいのですが、
どうしても信じられません。
本当に美味しいのか?

ということで、実際に食べに行こうということになりました。
参加者を随時募集をしていますので、希望者はご連絡お待ちしております。








イベント

バイクショップがいろんな催しをします。
中でも最もポピュラーなイベントの一つがツーリングではないでしょうか?
ショップとお客さんとの交流としての役割もありますが、
ここにショップ側のいろんな思惑も見え隠れすことがあります。

販売・修理だけではなくイベントを行うことにより、
他の販売店との差別化を図り、
商談の際の店の売りとして使ってみたり。

それはそれで良いとは思いますが、
あまりに偏ったものになってくると、
ツーリング参加者の人数にまでこだわったりするようになります。

より多くのお客さんを集めることにより、
お店としての存在感をアピールするためでしょうか?

少ない参加者の時はツーリングそのものを中止にしたり…
また店のスタッフにプレッシャーをかけ、参加者を募らせたりです。

「お客さんの為に~をしてあげている」

などと、上から目線で押し付けがましいことにならないように
気をつけていきたいと思います。




はじまり

パンプキンコーポレーションの、どてカボチャです。
大勢の人たちの協力のおかげで無事スタートすることができました。
本当にありがとうございます。
毎日更新することは難しいと思いますが、気長にお付き合いの程宜しくお願いします。

バイクに初めて乗り始めたのが高校1年の時でした。
徳島の田舎の高校で、原付とはいえバイク通学が許されていたので、
16歳になったら自然に免許を取りにいきました。
片道約15キロの自転車通学から一気にバイク通学です。
バイクが好きということよりも、楽ができる!ということのほうが関心があったような気がします。

はじめての愛機はホンダのNS50Fです。
親にねだって買ってもらったのは良かったのですが、
どうしてもクラッチのつなぎ方がヘタクソでうまく発進できません。
発進できても曲がれません。

みかねた店長(一人で経営されていたので社長でしょうか?)が、
「一週間ほどバイクを預かっておくから、学校が終わったら練習をしに店においで。」
と言ってくれたのに甘えさせてもらい、毎日夕方に店に通いました。

毎日1時間ほどの練習でしたがその間は店の仕事は完全にストップです。
軽トラの荷台にバイクを載せ、吉野川の美馬橋堤防沿いの通りの少ない道で練習に付き合ってくれました。
当時は自分のことで精いっぱいだったのでそこまで考えたことはなかったのですが、今思えば大変だったことだと思います。

自分で店を始めてから、ふとその時の事を思い出しました。
そのバイク屋さんはあれから20年の月日が経ったいまでも、
あの時のままの店構えで営業されています。
今度帰省したら、ふらっと訪ねてみたいと思います。

theme : 伝えたいこと
genre : ブログ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。