スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お店選び、できていますか?

「ボルトの扱い方一つで、そのショップのレベルが分かる」

今も自分の中で強烈なインパクトを放っている一言です。

ショップに自分の大切な車両を任せるにあたり、
みなさんはどのようなところに注意していますか?


"長く付き合ってみないとわからない…"

"車両を購入した店だからなんとなく通っている…"

このような感じですか?


逆に良い店の条件とは何ですか?

メンテナンス個所の構造を正確に理解して、
どのようにすれば良くなるのか考えている…

発生している症例に対して、決して言い切りの説明ではなく、
いくつものケースを示してくれる…

作業内容と金額を明確にしてくれる…

他にもまだまだたくさんあると思いますが。


有名店や、やたら信用やアットホーム的なイメージを
売り文句にしているショップがいいとは限りません。

そんな聞こえ良い言葉をいくら並びたてても、
目の前のトラブルを抱えている車両は治りもしません。

口では修理はできないからです。

作業場を完全にシャットアウトして、
見せないようにされるなんか、もってのほか。

だって、せっかくお金を払って自分のバイクを任せるのだから、
自分の目できちんと作業状況を確認して納得したいですよね?

作業を眺めていれば自然と目が養われてきます。
ショップの、メカニックのレベルも分かることもあると思います。

疑問に思うことはドンドン質問してみる。

問題点を一緒になって考えてくれるショップが、
良いショップの最低限の条件の一つだと思います。


取り外したボルトは曲がっていたり、伸びたりしているかもしれません。

最適なトルク管理ができているかも大事。

必要とあれば新品と交換し、
その個所、個所でグリスの種類も使い分ける。

たかがボルトと思われるかもしれませんが、
その中には他の作業にも通じる大切な心構えが含まれています。


「ボルトの扱い方一つで、そのショップのレベルが分かる」


ショップ選びもある意味、ライダーの責任かもしれません。
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。